事業者様が直接導入するのは容易ではない

事業者様が直接導入するのは容易ではない

それですべての事業者様は、クレジットカード決済を安くわかりやすく導入するように、決済代行会社を利用しているのです。決済代行会社の利用で便利なのが、入金管理が簡単なことなのです。

入金タイミングがバラバラになり、経理処理もそれぞれ異なるため複雑になるんです。さらに、利用やりたいクレジットカード会社ごとに契約受付けをしないそしたらならず、多額な運用コストや労力が必要となるのでしょう。

各クレジットカード会社との個別契約なら、お金の管理もおのおの行わなければならない。決済代行会社は、複数のクレジットカード会社との契約から決済処理までをまとめて代行する会社です。

でも、決済代行会社との契約なら一括して売上金が入金させられるため、把握がしやすくなったのです。その利用率は全ての決済方法の6割を超えています(平成25年通信利用動向調査より)。

その為、事業者様にとりましてクレジットカード決済を導入するのは、ビジネス拡大を図る上での必須条件といえます。クレジットカード会社の審査基準は比較的厳しく、個人事業主様も法人も規模や実績などに沖雲基準が設けられており、審査通過は簡単ではないのが現状です。

しかしていながら、事業者様が直接導入するのは容易ではないです。ネットショッピングでお客さんから一等利用されてる決済方法、クレジットカード決済。