ユーザーから不安に思われないために

ユーザーから不安に思われないために

一方、海外決済は国内決済よりも料金は割高になるのですが、比較的審査基準が緩く、アダルトサイトにみようかなサービスでも利用することは可能です。また、同じようなインターネット決済代行業者しかしていながら、国内の金融機関が決済を行う「国内決済」と、海外の金融機関が決済を行う「海外決済」がありまして、両社を使い分けていますのです。

ユーザーから不安に思われないためにも、決済形態については確認しておこう。さらに、国内決済の場合は利用者のカード明細に、利用店舗名(サービス名)が記載されていますが、海外決済の場合は、決済時に利用した業者名が英語などで記載されているのです。

費用の安さだけでカード決済代行業者を選ぶのは危険です。一般的には、国内決済は契約時の審査が厳しく、サイトの内容によっては契約がでこない。

導入実績などをホームページで調べておくようにします。銀行など金融機関関連の決済代行業者や、大手のショッピングサイトが利用してるみたいなサービスであれば、安心して依頼するにはできるでしょう。